×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ピースボートで世界一周旅行

●ピースボート地球一周105日間の船旅
第48回クルーズの記録 著者:四つ葉有志の会出版社:朱鳥社/星雲社サイズ:単行本ページ数:335p発行年月:2006年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)海の上のメリーゴーランド。“和・輪・わ!”を合言葉に850余人が織りなす人間模様。ささやかな楽しみから寄港地での国際交流まで、35人が綴った105日間の旅のメモリー。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 出航、いざ海へ 船旅に勇気をもって乗り出そう/第2章 東アジアの海 海でつながるアジア/第3章 インド洋 赤道を越えてアフリカへ/第4章 世界平和の試金石・スエズ運河を通って 豊饒の海・地中海へ/第5章 大西洋で結ばれた欧米の世界/第6章 アメリカの内海(裏庭)・カリブとパナマ運河/第7章 南米からマオリの海・ポリネシア そして太平洋横断/課題この商品の関連ジャンルです。 ・本> 旅行・留学・アウトドア> 旅行
詳しくはこちら
---


●こんなに素敵なピースボート!著者:ピースボート出版社:ユビキタ・スタジオ/KTC中央出版サイズ:単行本ページ数:259p発行年月:2007年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)『船』で地球を救えるか!?ユニークな挑戦を続ける日本NGO界の奇跡・ピースボートの全貌がこれでわかる!どえりゃ〜やつらの、信じられないほどの地球孝行。【目次】(「BOOK」データベースより)1 「舞台は地球!!」勇ましくも無鉄砲、楽しくも度肝を抜き、そして結局はハッピーに今日も続くピースボート・ヒストリー!/2 働くことと生きること、そしてやり甲斐!三つが一致する幸福。ピースボートではそれができる?/3 夢と新しい経験がぎっしり。七十歳を迎えて乗船した私も、世界の人々と友情を温めたぞ!/4 乗船者、そしてスタッフってどんな人たち?そりゃ、いろんな顔をしていますよ。/5 「ところで毎日なにやってるの?」ピースボート大解剖!この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 政治詳しくはこちら
---
●ピースボート大航海時代84日間地球一周クルーズ’94 著者:ピースボート出版社:第三書館サイズ:単行本ページ数:562p発行年月:1995年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)東京発着84日間地球一周の船旅。みんなが主役で船が出た。2隻の外航客船に1300人。ピース・ボート・トラベラーは地球の上に何を発見したか。地球を知る、船旅を知る、ピース・ボートを知る一冊。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 ピースボート日本脱出/第2章 ゴールデンウィーク、アジアの空は涙色/第3章 赤道を越え、ポレポレけまり交流/第4章 過去・現在・未来、パラレル航海/第5章 ふろむ・ざ・にゅう(?)・わあるど/第6章 あゝ、あこがれのハワイイ航路/最終章 黄金のうたたねからねざめてこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 政治詳しくはこちら
---
●ピースボート・水球一周記三大洋101日間の旅 著者:祇園全禄出版社:海鳥社サイズ:単行本ページ数:229p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)地球は“水球”だ!―目から鱗の驚きと感動の連続。胸躍る世界遺産巡りや寄港地の模様、現地の人々との交流。2006年11月〜2007年2月、101日間の旅の中で出合った、“至福”の26カ所を記す。【目次】(「BOOK」データベースより)プロローグ(「水球」一周事始め/ささやかな「地球」の旅 ほか)/第1章 沖縄〜インド洋(沖縄―糸数アブチラガマ体験/ベトナム・ダナン―ストリート・チルドレン・プログラム訪問 ほか)/第2章 ケニア〜エジプト(ケニア―マサイマラ国立保護区/ヨルダン―ワディラム砂漠、ペトラ遺跡 ほか)/第3章 地中海〜カナリア諸島(ヨーロッパ世界の海・地中海航行/ギリシア―アテネ・アクロポリス ほか)/第4章 大西洋〜太平洋(大西洋航行記/アマゾン・マナオス―ジャングル・ツアー ほか)/エピローグ(多種多彩な自主企画/シュールレアリズムの世界にひたる人々 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)祇園全禄(ギオンゼンロク)1939(昭和14)年、福岡県に生まれる。福岡学芸大学卒業。兵庫教育大学大学院修士課程修了(教育学修士)。福岡県教育庁、福岡市教育委員会勤務の後、国立弘前大学教育学部教授、弘前大学教育学部附属中学校校長(併任)、弘前大学生涯学習教育研究センター長(併任)を経て、現在、兵庫教育大学大学院、福岡大学人文学部大学院の非常勤講師。専攻は社会科教育学、地理教育史。福岡市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 旅行・留学・アウトドア> 旅行詳しくはこちら
---
●わが「平和への船旅(ピースボート)」南十字と安保・沖縄 著者:尾形憲出版社:第三書館サイズ:単行本ページ数:297p発行年月:1997年02月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 ピースボート十四年の船旅から(出会いの船・ピースボートの門出(’83)/大学のキャンパスでは学べないもの(’84)/四十年ぶりの南十字星(’85) ほか)/第2部 星の話と「大学とは何か」、そして「平和こそすべて」(星の話/私が出会った“学生”たち/一日外来講師あれこれ ほか)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 政治詳しくはこちら
---
●ピースボートの旅熟年夫婦13組をめぐる物語 著者:原昭/岡謙二出版社:リトル・ガリヴァー社サイズ:単行本ページ数:268p発行年月:2000年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)地球一週の船旅に出発した、さまざまな日本人。人生のドラマを乗り越えて、洋上に立った人たちの感動と、知られざる土地、民族との出会いの中で体験したこと、味わったこと、それは生涯忘れることのできないものでった。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 夫婦の絆/第2部 熟年夫婦の生き甲斐/第3部 困難を乗り越えて/第4部 二人の人生に乾杯!第5部 洋上物語【著者情報】(「BOOK」データベースより)原昭(ハラアキラ)1942年10月21日、栃木県鹿沼市に生まれる。東京写真短期大学(現、東京工芸大学)卒業。現在、フリーのカメラマン。主義は師弟の道を貫き通す人生(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 地理> 地理(外国)詳しくはこちら
---